バレンタインデーの起源はキリスト教の聖人! 聖ウァレンティヌスの殉教 | 歴くまブログ

世界史

バレンタインデーの起源はキリスト教の聖人! 聖ウァレンティヌスの殉教

こんにちは、歴くまです!

バレンタインデー、それは男子が1年の中で1番ソワソワする日…。

女子は意中の男子に、ドキドキしながら本命チョコを渡す…。

くだらない。

と、いうことで、今回はバレンタインデーの起源になった聖ウァレンティヌスと、バレンタインデーの普及について見ていきましょう。

バレンタインデーの起源はキリスト教の聖人!

バレンタインデーの起源になったと言われるのが、キリスト教の聖人である聖ウァレンティヌスです。

ウァレンティヌスに関する伝説は複数ありますが、代表的なものを紹介します。

まず、ウァレンティヌスを語るには、当時のキリスト教の立ち位置について知る必要があります。

ウァレンティヌスが活躍したのは、3世紀半ばのローマ帝国。

ローマ帝国でキリスト教が公認されるのは、313年のコンスタンティヌス帝のミラノ勅令によってなので、まだキリスト教がローマ帝国から容認と迫害を繰り返し受けていた時代です。

また、この時代は軍人皇帝時代とも呼ばれ、ローマ帝国各地の実力者が皇帝を僭称していた時期でもありました。

そんな軍人皇帝の一人であったクラウディウス2世は、兵士たちが結婚することを禁止します。

理由は、「妻を故郷に残すと、兵士の士気が下がるから」というものでした。

そんなぶっ飛んだ考えを持つクラウディウス2世ですが、皇帝としては比較的有能だったようで、北方から襲来するゴート人やゲルマン人を度々破っています。

さて、結婚を禁じられた兵士たちは、嘆き悲しみます。

まあ当然ですよね、愛する人と結婚できないのに、戦場では頑張って働けと言われるわけですから。

ここで登場するのが、ウァレンティヌスです。

ウァレンティヌスは、兵士たちのために内緒で結婚式を執り行います。

これを耳にした皇帝クラウディウス2世は怒り、ウァレンティヌスに対して「二度と結婚式を行うな!」と命じます。

けれども、ウァレンティヌスは皇帝の命令には従わず、結婚式を行い続けます。

キリスト教の聖人ってけっこう強情なイメージがありますが、ウァレンティヌスもその例にもれなかったようです。(まあ、死を目の前にしても信仰を捨てない強情さがないと、聖人にはなれないとは思いますが)

皇帝の命令に逆らったため、ウァレンティヌスは処刑され、死後に列聖されます。

その処刑の日が2月14日、現在のバレンタインデーというわけです。

繰り返しますが、このウァレンティヌスの話は伝説です。

クラウディウス2世が結婚を禁止したのも史実ではないのでご注意を。

バレンタインデーの前身 ルペルカリア祭

では、なぜこのような伝説が生まれたのでしょうか?

もともと2月14日の前後では、ルぺルカリア祭という古代ローマの神々を祀る行事が行われていました。

しかし、これはローマの祭りであり、キリスト教、ましてや聖ウァレンティヌスとは全く関係がありませんでした。

しかし、時代が移り変わり、キリスト教徒が増えてくると、ルぺルカリア祭は古代ローマの神々ではなく、聖ウァレンティヌスを讃えるバレンタインデーへと変化します。

世界各地のバレンタインデー

カトリック教会が普及した地域(主に西欧)

バレンタインデーの起源とされる、カトリック教会が普及した西欧では、2月14日がウァレンティヌスの記念日とされてきました。

しかし、1962~1965年に行われた第2バチカン公会議で、実在が明らかではない人物の記念日は取り除かれることになり、ウァレンティヌスの記念日も消えてしまいます。

それでもバレンタインデーは、恋人や親しい人に贈り物を送る日として定着することになります。

贈り物はチョコレートに限定されているわけではないので、花やカードを送る人もいるそうです。

正教会が普及した地域(主に東欧)

正教会では、聖ウァレンティヌスは2人います。

しかし、2人とも記憶日は7月であり、聖ウァレンティヌスと恋人を関連付ける習慣もありませんでした。

なので、バレンタインデーは元々ありませんでしたが、西欧のバレンタインデーの習慣に企業が乗っかり、プレゼントをする日として「バレンタインデー」が定着している地域もあるそうです。

特徴的な日本のバレンタインデー

先ほど述べたような国々に比べると、日本のバレンタインデーはかなり特色のあるものになっています。

日本でのバレンタインデーのイメージは、「女性が愛する男性にチョコレートを贈る」というものです。

このイメージは日本のチョコレートメーカーによって形作られたと言われていますが、では、最初にこのようなイメージを打ち出したのはどのメーカーだったのでしょうか?

日本で最初にバレンタインデーに関する広告を出したのは、神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)です。

その広告がこちら。

あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう

東京で発行されていた英字新聞に1936年2月12日に掲載されたものです。

これ以降もチョコレートメーカーはバレンタインデーを定着させようと努力するものの、当時は見合い結婚が多く、恋愛結婚が少数派だったこともあり、なかなか普及しませんでした。

これが、1970年代になると、日本は消費社会に突入。

小学生から高校生にかけての若い世代がバレンタインデーの習慣を取り入れるようになり、現在のような日本のバレンタインデーのイメージが出来上がったと言われています。

まとめ

  • バレンタインデーは、古代ローマの神々の祭りが、聖ウァレンティヌスを讃えるための記念日に変化したものだった。
  • 西欧ではバレンタインデーには、恋人や親しい人に贈り物をする習慣がある。
  • 日本のバレンタインデーはチョコレートメーカーの販促もあり、独自の発展を遂げて現在のような形になった。

バレンタインデーにチョコをあげて付き合った、みたいな話を都市伝説だと思っているのは私だけでしょうか…。

-世界史

Copyright© 歴くまブログ , 2020 All Rights Reserved.